スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

スパロボOG ガーリオン レビュー

2007年02月28日
■スパロボOG フルアクションフィギュア ガーリオン
学校から帰ってきたら届いてました。
オークションだったから少し心配だったけど中身見たら新品同様。
スパロボの機体の中で一番好きな機体だったので電撃ホビー誌を見て欲しいなぁと思ったんですが、その時お金が無くて買えなかったんですけどようやく手に入れることが出来ました。
思い入れが強いのでベタ褒めかもしれませんが、さくさくレビューしてきます。


■DCAM-006 ガーリオン
ディバイン・クルセイダーズが開発した指揮官用アーマードモジュール。
リオンが戦闘機をベースに開発された機体に対し、初期段階から汎用人型兵器として開発されたためテスラドライブにより空戦、地上戦もこなせる万能な機体。
うわぁ、もうべた褒めですね・・・w

GRP_0006.jpg
手は握り拳、平手、各一組。
武器はバーストレールガン、アサルトブレードが付属。
頭から足まで15.5cm。
設定が18.9mなので大体1/123スケール?


バーストレールガン
guarlion04
ライフルとかショットガンみたいな形してます。
レールガンが重いのと肩のと二の腕を繋ぐ間接が緩いので、重さでヘタレます。
肘の間接がリボルバージョイントの様にカチカチと固定できるので、それで何とか固定してる感じ。
レールガンは弾を射出するときに電力を使うので、バッテリーが付いてます(白い線が入った丸い筒)。
デザインする人の方も考えてるのね。


アサルトブレード
guarlion03
実体剣だけど刀身の剣先と真ん中の一部分にチェーンソーが付いてます。
デザインした小野聖二氏によると「かっこいいから。」
実剣で斬れない位硬い装甲持ちの機体でも削りながら斬るとか、剣先で刺したときに起動させて内側を破壊する、とかだったら燃え。
こちらもバッテリー付いてるんですね。

肘の可動範囲はアサルトブレードを持っている右腕が物語っています。
90度は曲がんないです。60度位かな?


ソニックブレイカー
GRP_0000.jpg
両肩にエネルギーフィールドを収束させて突っ込みます。
どうやらガーリオンがリオン系突撃技の起源らしい。
ブレイカー専用の差し替えパーツがレオナ機とトロンベの方に付くらしく、量産機には付いてないです。
でも、ほぼ近いポーズは取れるので「なんちゃってソニックブレイカー」。


guarlion06
股関節はあんまり開かないけど、接地性はそれなりにありこんなポーズも取れます。
量産機なのにこのオーラはなんだ・・・w
なんか騎士っぽい。

ガーリオンを含めリオン系は飛んでるイメージが強いので、地上に降りて戦ってるイメージが無かったり。
相手が地上でしか戦えないのなら空から攻撃した方が有利だし・・・ね。


guarlion08
胴体が小さくて腕と脚が大きいという特徴的なデザインを上手くまとめてあると思います。
設定画と比べてみるとよく似ていますし、マッシブな感じもしてグッド。
可動範囲が狭いですけど造型で補っていると思えば良いかと。
本当に好きな人にとっては7000円掛けた意味があったなぁと思います。
スポンサーサイト
[玩具レビュー]スパロボOG ガーリオン | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。